不動産の市場動向の把握

2月 18th, 2014

マンション売却において、大切なことは「不動産の市場動向の把握」です。「不動産の市場動向の把握」の入手は一般人には難しいことです。
そこで、マンション売却には不動産業者が必要となります。

マンション売却の流れと言うのは①不動産業者にマンション売却の相談⇒②査定の順を踏んでいくことになります。
マンションの市場は急激に変化するものではありません。年レベルで変動が一般的ですから
売却を検討した時と需要が高まっている時がおなじとは限りません。
その時の判断です。
希望する売却額を下回るならば、売らないと言う判断も可能です。しかし販売価格に拘らず売却しなければならない理由があれば売却に踏み切ることになるでしょう。
気になるのは現状ですね。
2013年上期の状況を見てみましょう。

首都圏や近畿圏でのマンション発売戸数は前年と比較すると大きく増加しています。買主は新築マンションと中古マンションの両方から検討されていることでしょう。

新築マンションと中古マンションの違いは価格です。

市場が上向いている時は売る側には持って来いのタイミングです。